催眠療法は様々な分野で利用されている

催眠療法という言葉を聞いた事がある人も非常に多いのではないでしょうか。心理療法としてはもちろんの事、健康増進や能力開発、ビジネスやスポーツ、教育や芸術など現在様々な分野で利用されています。催眠療法を行う事で、自分の内面としっかりと向き合う事が出来るので、それにより問題や悩みの解決や免疫力のUP、パフォーマンスの向上など期待出来る効果も色々です。潜在意識に直接アクセスする為、即効性が高い事でも知られ、薬などは一切使用しないので体への負担もなく行えるというメリットがありますよ。この療法は通常、催眠療法士などの第三者によって行われることが多いですが、簡単なものなら自分一人でも行えるので、興味がある方や自分でもやってみたいと思っている人はそれに関連する本なども販売されているので、参考にしてやってみてはどうでしょうか。

催眠を応用した様々な展開

催眠と言えば、催眠術といった、何となく怪しげなものが最初に頭に浮かんでしまいますが、外部からの刺激や他の考え方が意識から締め出され一つの事象に意識が締められてしまいますので、これを利用していろいろと応用されています。その最たるが、心理的な悩みを改善する目的で行われるヒプノセラピーです。潜在意識に働きかけて、対人恐怖症やアガリ症等の治療に役立っています。俗にいう催眠商法は、始めに一つの部屋に大勢の人が入れられ、おそらくその中に混ざっているサクラにどんどん購入させて、周囲の人間に買わなければと言う気持ちにさせて安い商品を高値で買わせるといった、群集心理を利用した立派な犯罪行為です。マーケティング的にも、サブリミナル効果などもありますが、非常に危険性がありますので、法律上においても禁止をされています。

自己催眠で髪型を立てています。

髪の毛が柔らないので髪の毛がべたっとしてしまうのが悩みでした。ふとしたことから腰痛を治す自己催眠が髪を立てるのに効果があることがわかりました。自己催眠をやっている時に髪の毛が立っている自分の頭を想像して髪の毛に意識を集中して立つ立つと繰り返し口で言いそして何度もその姿を想像します。そしたら髪の毛が立つことがわかってきました。そしてその状態でドライヤーを掛けると立った状態が比較的長く持続するわけです。これは意外でした。こんな方法が髪の毛を立てるのに効果があるなんて催眠の先生でも知らないのではないかなと考えました。しかもこれをやると気分がすっきりすることもわかってきました。すごく爽やかな気分になれます。腰痛は治るし髪の毛は立つし爽やかに気分になるしいいことばかり起こります。これに関しては誰でもできることですが、実際にその状態になるまでにはちょっと訓練が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*