安らかな睡眠方法は催眠療法があります

人間には、脳のリセットと体の疲れを取り去る為に眠りが必要です。そこから細胞の再生がスムーズに行う事が出来ます。また子供の頃には、ホルモンの分泌を高める為にも眠りは必要不可欠です。それは安眠できる環境が、健康にもつながります。またお肌の活性にも役立つ眠りです。それでも睡眠障害には、催眠療法を行う方法があります。それは、その催眠療法を行ってからメンタルの精神面にも安らぎが与えられます。そこから睡眠前の眠りが実現します。それだけでなく、やすらかな睡眠方法には入浴によって、体の血行を促す方法があります。それは体の疲れから安眠が訪れます。また適度の運動を行う事も大切です。それは健康である事は、睡眠時間に関係します。そこから無理のない眠りが必要です。それに悩む事があると安眠の妨害になります。ですから心を落ち着けて、催眠療法を行います。そこから心身の健康の度合いは、安眠の時間と比例します。

科学と催眠の正しいあり方

催眠療法など、安全性と効果が認められている科学的な応用例もありますが、未だに一般的には偏見やマスメディアに取り上げられる「術」としてのイメージが強く、その使用には倫理的な問題が伴います。それ自体には危険性もなく国家資格も必要としませんが、日本催眠学会では厳格な倫理規定を設けており、その中で個人の人権を尊重し個々のプライバシーを侵害しないように最大限の努力をすること、その活動が道徳や法律などの社会的規範を逸脱することのないよう留意することなどが明記されています。科学として応用すれば、スポーツ選手のメンタリティを強化したり、うつ病や各種依存症など、崩れた精神のバランスを取り戻す為に用いる事のできる大変有用な技術ですが、人権やプライバシー保護に配慮することも常に考えなければなりません。催眠は脳科学の一つでもあり、常に責任を伴うものでもあります。

催眠療法で心身の不調を改善

日頃から心身の不調に悩んでいる人の中には、催眠療法を受けようか迷っている人もいるのではないでしょうか。催眠療法とは私たちが普段意識してコントロールする事の出来ない潜在意識の領域にアクセスする事で、リラクゼーション効果を引出し、それにより患者さんの抱えている問題を解決へと導く療法の事で、ヒプノセラピーとも呼ばれていますよ。患者さんは治療中、一種の催眠状態に入りますので、交感神経と副交感神経のバランスが整い自律神経が乱れた事で起こる不調の改善にも大きな効果が期待されています。よくこの治療法は自分の意識がコントロールされているみたいで抵抗感があるという人も多いのですが、決してそのような事はなく、患者さんは治療中でもしっかりと意識がありますし、本人が望まない事を喋らされるなんて事もないので心配ありませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*